Blog&column
ブログ・コラム

髪の傷みを防ぐためのポイントとは?

query_builder 2022/02/03
コラム
black-hair-brush
「せっかく美容院で髪のケアをしてもらっても、数日経つとまた傷んでくる」という方もいるのではないでしょうか。
髪の傷みを防ぐためには日々のケアが重要になりますが、ケアの仕方がわからないという方もいると思います。
そこで今回は、髪の傷みを防ぐためのポイントをご紹介します。

▼シャンプーをする前にブラッシングする
髪が絡まりやすい状態でシャンプーをするとさらに絡まってしまうので、髪を濡らす前に一度ブラッシングをして髪を整えましょう。
ブラッシングをしても髪が絡まってしまう場合は、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントで髪を滑らかにすると絡まりが取れやすくなります。

▼ドライヤーをする前にしっかりタオルドライする
お風呂上がりに早く髪を乾かすために、すぐにドライヤーを使っていませんか?
ドライヤーは髪にダメージを与えるので、長い時間あてていると髪が痛みやすくなります。
そのため、ドライヤーをする前にしっかりタオルドライをして髪の水分をできるだけ取りましょう。

パーマカラーの頻度を減らす
パーマカラーをするとキューティクルが剥がれてしまうので、できるだけ頻度を減らしましょう。
頻度が少ないにもかかわらずパーマカラー後に髪の傷みが気になるという場合は、美容師さんに相談してダメージが少ない薬剤に変えてもらうのがおすすめです。

▼まとめ
髪の傷みを防ぐには、日々のケアを怠らないことが大切です。
しっかりケアをしても痛みが気になるという方は、ぜひ当店にご相談ください。

NEW

  • ラバーゼオリジナルシャンプー

    query_builder 2022/02/26
  • 2022年美容室Ⅼa’Base

    query_builder 2022/01/04
  • ヘアスタイルチェンジ

    query_builder 2021/10/02

CATEGORY

ARCHIVE