Blog&column
ブログ・コラム

髪の悩みとそれぞれの解決方法をチェック

query_builder 2020/12/25
コラム
30-35-years-eye-contact-hair-up-happy
髪質によって髪の悩みはそれぞれ違ってきますよね?
そこで今回は、髪の悩みとそれぞれの悩みの解決方法をチェックしていきます。
▼髪質の特徴と悩み
まずは髪質の特徴と悩みからみていきます。
■硬い髪、剛毛
キューティクルの層が厚くしっかりしていて、髪の内部のタンパク質もたくさん入っています。
硬い髪、剛毛の場合、髪1本1本が太くしっかりしているため、広がったりまとまりにくいのが弱みです。
キューティクルの層が厚いため髪の内部に薬剤が浸透されず、染まりにくいことも挙げられます。
■猫っ毛
硬い髪や剛毛と対称的な猫っ毛は、髪1本1本が細く柔らかい髪質をしています。
キューティクルの層も薄く、髪の内部のタンパク質も少なめなのが特徴です。
猫っ毛の場合、柔らかい髪質のためボリュームが出にくくペタンコになってしまうのが弱みです。
■直毛
文字通り、まっすぐな髪質のことを言います。
コシやツヤがあり、健康的です。
しかし直毛は、ボリューム感や動きが出にくいという悩みを持っています。
■くせ毛
くせ毛と言っても「うねり毛・ねじれ毛・ちぢれ毛」など様々な種類があります。
悩みとしては、うねりがあり変なボリュームが出てしまったり、パサつきや乾燥が目立つという点があります。
▼それぞれの髪質の解決方法
■硬い髪、剛毛
髪の水分が不足すると硬くなってしまうので、シャンプーを保湿力の高いものを使用するのがおすすめです。
ドライヤーの際は、低温で8割乾かしたら冷風で仕上げましょう。
■猫っ毛
柔らかい髪質のためボリュームが出にくいので、根元にカーラーを巻くのがおすすめです。
そうすることでボリュームもでて雰囲気も変わってきます。
■直毛
髪を乾かすとき、根元を立ち上げるように乾かすことでボリュームを出すことができます。
■くせ毛
髪を洗うとき乾かすときにドライヤーで髪を伸ばし仕上げに冷風をあてて、キューティクルを閉じ込めましょう。

髪質によって悩みはさまざまですが、それぞれの髪質を理解して、個性を活かしたヘアスタイルを見つけましょう。

NEW

  • 紫外線予防対策に

    query_builder 2021/03/26
  • 卒業式ヘアアップアレンジご予約承っております

    query_builder 2021/03/02
  • 美容室Ꮮa'Base 3月お店の定休日のお知らせ

    query_builder 2021/03/01

CATEGORY

ARCHIVE